【高安動脈炎】膠原病内科医が私にくれた10のアドバイス(食事・生活面)

こんにちは。cafe_mochaです。

2013年11月に膠原病(高安動脈炎)と診断され、ステロイド治療を始めて3年が経ちしました(60mg/日からのスタート、2014年11月時点で9mg、2017年1月現在4mg/日服用中)。

入院中および外来での
主治医(膠原病内科医)からのアドバイスをまとめてみます。

English Ver. click here

膠原病内科医が私にくれた10のアドバイス

  1. ステロイド治療で骨が弱くなるので、軽い運動をしましょう。
    腹筋・スクワットがおすすめ。
  2. 糖尿病などになるリスクが高いので、「糖質制限」をしましょう。
    ごはん、パスタ、うどん、果物などを控え、ごはん(白飯)は1日1食程度に。
    また、高血圧予防のために、塩分も控えましょう。味噌汁は1日1杯程度に、汁は飲まないなど。
  3. 野菜大豆発酵食品を積極的にとりましょう。食べるときは、よくかむこと
  4. 間食をするときは、アーモンド(無塩)チーズ、するめなどを選んで。
  5. サラダ油は控えるべし。αリノレン酸(n‐3系油)の油は良い(えごま油、アマニ油、しそ油など)。
  6. マスク、うがい、手洗いを徹底して、感染症予防を。
  7. 体の“冷え”には気をつけて。
  8. 喫煙、受動喫煙もダメだよ。
  9. ハウスダストに気をつけて。ペットも飼わないほうがいい。
  10. ストレスをためないように。睡眠をしっかりとりましょう。

ちなみに、「えごま油」は近所のスーパーで買うと1本1000円以上はするので、私はいつも楽天のお店「ナチュランド」でまとめ買い(1本あたり775円)していました。が、昨今のえごま油ブームで最近は高騰中。買うときはセールやポイント10倍デーなどを利用して、まとめてお得に買いましょう!

スポンサードリンク

元主治医が私にくれた最後のアドバイス

2013年に入院したとき以来、約2年半お世話になった某大学病院のT先生。

引越しに伴って、転院することになりましたが、
T先生が最後に私に伝えてくださったメッセージもあわせてご紹介します。

物を焼くときには「動物性油」(ラード、バター、牛脂など)を使用するのが体によい。

「植物性油」は、熱しないで、アマニ油、シソ油、エゴマ油を使用するのがおすすめ。

焼いてばかりの料理だけでなく、
生、蒸す、焼く、茹でる、など
さまざまな料理を取り入れ、
「悪玉コレステロールだから」などと
一つの数値で惑わされないことも重要と考える。

また、魚の脂(DHAやEPA)は思った以上に素晴らしいようです。

ステロイドホルモンは、
通常教科書的にはコレステロールで造られるので、
神経を尖らせております。
(私はコレステロールの数値が150と低めなので)

スポンサードリンク

適度な飲食や規則正しい生活を心がけることが大切

入院当初から、
食事に関しては「糖質、塩分、脂質に注意せよ!」(特に糖質制限)
と口酸っぱくご指導を受けましたが、
このように最後まで食事に関するアドバイスをくださいました。

60mg/日からスタートしたステロイド治療も、
順調に減量ができて、現在4mg/日で概ね体調も安定しています。
これもひとえに、T先生のおかげです。心から、感謝、感謝!!

これからもT先生のアドバイスを参考に、適度な飲食や規則正しい生活を心がけたいと思います!