【聴覚過敏】騒音が苦手な人は必携!?デジタル耳栓MM1000[キングジム]を使ってみた感想。 #ノイズキャンセリング

キングジムのデジタル耳栓「デジタル耳栓MM1000」を購入しました。

聴覚過敏のある人などは、こういったデジタル耳栓をお使いかもしれませんね。以前、ホリエモンさんなどもブログでオススメされていました。

デジタル耳栓を買おうと思った理由

私の夫は、聴覚過敏とまではいかないんですが、とても神経質で、たとえば公園で親子連れが遊んでガヤガヤしたところに行くと、異常に不快感を覚えてイライラして、「キーーーーーっ!」と叫びたいほど「頭がおかしくなりそう」と言うほどです。

ほかにも、息子の習い事の付き添いで、スイミングの待合室で待っていると、ほかのお母さん方が世間話をしていて騒がしいのを異常に嫌がります。私なんかは、ザワザワを自然とシャットアウトして自分の世界に入り込めるんですけどね。夫にイライラされると、妻の私も余計に気をつかって不愉快な思いをすることになるので、子どもが幼い頃は平日だけでなく休日も私がやむなく公園やスイミングに子どもを連れていったりしていました。

加えて、今年になって夫はパニック障害になり、「バクバクしてきて電車に乗れない」という時期もありました。とくに暑い夏、通勤ラッシュの電車のなかで隣の人と触れ合うだけでもイライラや不安感が高まっていくようです。

そんな夫に、少しでも通勤がラクになるように「ノイズキャンセリング・ヘッドホンやイヤーマフなどを使ってみては?」と提案したこともあったのですが、本人は「いらない」との一点張り。

はて、どうしたものか?と、とりあえずお助けグッズのリサーチをしてみました。

聴覚過敏の人に人気のノイズキャンセリング・ヘッドホン

いろいろ調べたところ、BOSEやSONY製などのノイズキャンセリング・ヘッドホンでよさげなものが発売されています。

しかし、いかんせん3万円以上する高価なシロモノ。

本人が気に入らなかったら意味がないしなぁ~。

でも、私がまた入院したときにあったら便利だろうなぁ~。

いろいろ迷った末に購入したのが、コレ!です。

キングジム「デジタル耳栓MM1000」を購入!

今回は、4000円台で買えるキングジムの「デジタル耳栓MM1000」を購入しました。

デジタル耳栓MM1000とは

(アマゾンより引用)
「音を音で打ち消す」ノイズキャンセリング技術を採用することで、気になる環境騒音だけを約90%低減。それにより、環境騒音のある場所でも、しっかり集中、ゆったりリラックスすることができる。従来の耳せんと違い、環境騒音だけを低減し「呼びかけ声」や「アナウンス」、「着信音」といった必要な音は聞こえる。

「デジタル耳栓MM1000」を妻の私が使ってみた感想

家のリビングで使ってみた

エアコンの音や空気清浄機の音が聞こえなくなりました。テレビの音や子どもの声はフツーに聞こえる。

高速バスの中で使ってみた

空調の音や、不快な機材のこすれ音がだいぶ聞こえにくくなりました。車内アナウンスはバッチリ聞こえます。

飛行機の中で使ってみた

「デジタル耳栓MM1000」を夫が使ってみた感想

さて、肝心の夫が「デジタル耳栓MM1000」を実際に使ってみた感想ですが、「聞こえなかったら、聞こえないで、まるで難聴になったみたいで、オレは合わないわ」だそうです。

以前、夫は左耳の突発性低音難聴になったことがあるので、聞こえないことで不安感が高まってしまうのですかねぇ?
こういう感覚的なものは、あうあわない人によりけりなので、なかなか難しいですね。

というわけで、今後は私が使うことになりそうですので、また随時追記します。

53 件のコメント