【緑内障】前視野緑内障と診断される(随時更新)

高安動脈炎歴8年目のかふぇもか(40代)です。

2021年10月中旬、近所の眼科で「前視野緑内障」と診断されました。

診断されたときの心境

眼科医から「緑内障ですね」と言われたときは、思わず「はぁ~」と大きなため息をついてしまいました。

また、病気が一つ増えてしまったかと。すでにリウマチ膠原病内科、循環器内科、脳血管内科、耳鼻咽喉科、消化器内科、婦人科、眼科など定期的に通院しているのに、さらに通院回数が増えるのか。。

テレビを見ていると視野の欠損がないかどうか気になって、「緑内障」のことで頭の中はいっぱいになりました。眼痛や頭痛がするたびに不安がよぎり、診断直後は家の中の掃除ばかりしていました(苦笑)。暇ができると、ネットで緑内障のことについて調べ、体験談を読み漁ったり。

気持ちの切り替え

  • 幸い、早期発見であること
  • 適切な治療を受ければ失明には至らない

と信じて、前向きに治療に取り組みます。

このページでは「緑内障」の治療経過に関する備忘録を随時更新します。

これまでの経過

中学生の頃、近視で眼鏡着用

高校生の頃、ソフトコンタクトレンズ着用

20代前半、緑内障を疑われる

実家の近所の眼科で視神経乳頭が陥没していることを指摘され、「緑内障だから、すぐに点眼治療を始めましょう」と言われる。

このときはパニくって、失明してしまうのではないかという恐怖心から、診断直後は毎晩泣いていました。実母に相談したところ、「お母さん(当時50代)も、同じように乳頭が陥没しているけど、これまでなんともないわよ」「一度、点眼治療を始めてしまうと、一生点眼しなくてはならないから、ほかの眼科に行って診てもらったほうがいいわよ」と言われ、都内の緑内障専門医を訪ねることに。精密検査をした結果、「緑内障ではないですね」と否定され、このときは点眼治療は免れました。

それ以来、眼底検査やOCT検査、視野検査などを半年に一回受けること約10年。異常を指摘されることもなく、過ごしてきました。

35代半ば、高安動脈炎と診断される

その後、2013年に高安動脈炎と診断され、ステロイド加療が始まる。ステロイド性の白内障や緑内障になるリスクがあるということで、定期的に眼科には通院していました。眼圧は常に正常眼圧(15前後)。

そして、2019年頃から、OCT検査で視神経の(赤色)のサインが出始め、経過観察を続けてきたわけですが。

ついに。。。

40代前半、前視野緑内障と診断される

2021年10月中旬 左目が前視野緑内障と診断されました。5年前の検査データと比べて、OCTの検査画像上、明らかに視神経の炎症部位(赤い部分)が広がっていました。

視力(裸眼) 右目0.04 左目 0.05

矯正視力 両目1.2

最近の通院履歴

2021年10月8日 「緑内障ですね」と言われる

  • 眼圧検査
  • 眼底検査
  • OCT検査

2021年10月15日 「前視野緑内障」と診断される

  • 視野検査
  • OCT検査(左のみ)

視野検査上、視野の欠損はなく、眼圧も正常なので、とりあえず、要経過観察となりました。次回4ヶ月後。

そのうち、点眼治療がスタートするんだろうね。。

随時追記します。

目に優しい生活を心がける

  • 早めに就寝
  • 眼の体操