【大腸内視鏡検査】クローン病疑いは晴れるか?

こんにちは。高安動脈炎歴6年目のかふぇもかです。

今年(2019年)4月に、自治体の大腸がん検診(無料、40歳以上の人が対象)を受けました。

下血や下痢などの自覚症状はないし、これまで、便潜血検査は一度もひっかかったことがないので、今年も大丈夫だろうと思いつつ、念のため検査を受けたわけですが、便潜血陽性

そして、その後、精密検査の大腸内視鏡検査を受けたわけなんですが・・・、ちょっと気になる所見がありました。

結果が出るまでなかなか時間がかかっていますが、これまでの経過を備忘録として残しておきます。

大腸内視鏡検査の体験談はこちら

【体験談】胃カメラ(内視鏡)検査を受けた結果は「胃炎」と「逆流性食道炎」でした。

これまでの経過

2019年

4月中旬、市の大腸がん検診(無料)を受けたところ、便潜血陽性。

5月上旬、かかりつけの病院の内視鏡センターで、大腸内視鏡検査を受ける。盲腸の部分に炎症が見つかる。検査終了直後の時点では、軽い感染性大腸炎の疑いと言われる。

7月上旬、生検の結果報告書によると、クローン病との鑑別が必要、とのことで、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の専門医(消化器内科)を紹介される。

7月中旬:消化器内科受診

組織所見

  • 大きなリンパ濾胞形成が目立つ
  • 類上皮細胞肉芽種を疑う所見あり
  • 炎症が局所的

8月下旬:胃カメラ検査を受ける予定

確定診断に至るには、時間がかかりますね~。大腸がん検診を受けてから、すでに3カ月経っているんですけど。

主治医から、「高安動脈炎の人は、潰瘍性大腸炎などを合併する人が少なくないよね…」と言われているので、結果が出るまでモヤモヤとした状態が続きます。

はやく、疑いを晴らしてほしいなぁ。。疑い晴れないまま、定期的に検査を受けて経過観察していくかたちになりそうな予感も・・・。果たして、どうなる!?