【レビュー】「パワースマイルKS-700」電動鼻水吸引器は慢性副鼻腔炎の大人や鼻炎の子どもにもおすすめ!(口コミ・評判)

2016年9月17日
副鼻腔炎(蓄膿症)が再発してしまいました(T_T)
今年、3回目。もはや慢性化しています。

去年はこのパターンから咽頭炎になったので、悪化しないように気をつけねば。

【過去記事】
咽頭炎・頸部リンパ節炎・蓄膿症が治るまで約6ヶ月。その経過を振り返ります。

ちなみに、私のかかりつけの耳鼻咽喉科では、
いつも「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」という漢方薬を処方されています

お湯で割ってコーヒーみたいにして飲むといいらしく、
独特の苦味もあるけど、慣れるとなかなかホッとできるお味。

【追記2016.10.11】
1ヶ月かかって、ようやく症状が落ち着いてきました。

【追記2017.1.12】
副鼻腔炎(蓄膿症)が再び悪化。

年末年始は実家に帰省していたので、耳鼻科にも行けず、自宅にある吸引機も使えなかったので、悪化してしまったのだな。新たな抗生物質を処方してもらったので、今回は飲んでみることにするか。

【追記2017.4.28】
総合病院の耳鼻咽喉科にはじめてかかりました。CT検査をした結果、撮影した日の時点では副鼻腔炎にはなっておりませんでした。外科的な手術についても医師と相談しましたが、手術するとなると、全身麻酔が必要であること、鼻血が出やすくなるのでワーファリンの休薬、それに代わる薬に変更、入院期間は通常の人で5日間だが、私の場合、それ以上になるとのこと。せっかくこれまで、持病の高安動脈炎の炎症を抑えられてきたので、手術で悪化してしまったら泣くに泣けない。とりあえず、副鼻腔炎対策としては、「鼻うがい」が有効であることを耳鼻科医から指導されたので、これから励行して、またしばらく様子見していくことになります。

慢性副鼻腔炎の方にオススメ!の電動鼻水吸引器

ちなみに、副鼻腔炎が慢性化してきたので、私は鼻水吸引器を購入しました。

わが家が使っている吸引器は、「パワースマイル KS-700」です。シリコーン製の鼻水吸引用オリーブ管キット(4サイズ)付きで、税別23,500円(2016年9月購入当時)。

高いけれど、本格的な医療用機器です。慣れるまでに時間がかかりますが、吸引器を使うことで、耳鼻咽喉科に通院する頻度は多少なりとも減っているので、慢性的な鼻水・鼻づまりにお悩みの皆さんには、一家に一台、吸引器をオススメします!ただねぇ、いまだに置く場所に困るのが目下の悩み。

53 件のコメント