40歳で滲出性中耳炎になってしまった!耳管通気治療で耳鳴り・難聴は果たして治るのか?

左耳の耳鳴りに関する備忘録

2018年9月29日(土)

  • 朝から左耳に違和感を感じる。
  • 自分の声にエコーがかかったように響くような聞こえ方がするが、聴力に問題はなさそう。
  • 左耳を塞いだり、静かな空間に行くとキーンと耳鳴りが続く。
  • めまいや、吐き気はない。
  • 慢性副鼻腔炎で鼻水・たんの症状は少しある。

これまでの病歴と近況

  • 約5年前、35歳のときから高安動脈炎の持病があり、左右頸動脈の閉塞、狭心症を合併。
  • 先月受けた頭部MRIや脳血流SPECT検査では特に新たな異常所見はなし。
  • 高安動脈炎に関しては、PET-CT検査や、造影胸部CT、頸動脈エコー、心臓エコーなど一通り検査していて、炎症は概ね落ちついている。
  • 現在ステロイド4mg/日、免疫抑制剤のプログラフほか、アーチスト錠、バイアスピリン、ニコランジル錠などを服用。
  • 数年前に良性発作性頭位めまい症を経験。
  • ステロイドが5mg以下になった頃(3年前頃)から慢性副鼻腔炎や咳喘息で、モンテルカストも服薬中。

週明け月曜日に耳鼻咽喉科に行く

2018年10月1日(月)

近所の耳鼻咽喉科で聴力検査や鼓膜の動きの検査などをしたところ、左耳に少し水(滲出液)がたまっているとのことで、耳鳴りの症状はおそらく慢性副鼻腔炎からくるものだろうということでした。難聴は「ほとんどないので、心配ありません」とのこと。

鼻水の吸引、耳管通気の処置を受けて、カルボシステインが処方されました。

かふぇもか

それにしても、鼻から空気を通す、耳管通気治療ってやつが、ぐるんぐるんめまいが誘発されるので、ツライです。もうはやく治療終わってくれ・・・。

2週間経った今も四六時中耳鳴りはしている

左耳の耳鳴りの症状(水がたまっている)が出始めてから2週間が経過しました。この間、8回ほど耳鼻咽喉科に通院し、鼻の吸引と耳管通気治療を受けていますが改善していません。

その後、耳鳴りの症状に加えて、ズキーンという痛みが左耳の奥のほうに断続的に走り、耳の後ろ側を押すと少し痛むようになり耳鼻科で再診を受けたところ、「(急性)中耳炎にはなっていない」「顎関節症でもない」と言われ、1日だけ痛み止め(アセトアミノフェン)飲んだところ痛みはおさまりました。そもそもステロイドを服用しているので、それだけでも鎮痛効果はあるはずなので、胃に負担のかかる痛み止めは胃炎持ちの私はできるだけ飲まないようにしています。

3週間経ってようやく改善の兆しが

3週間経ってようやく耳鳴りのキーンという音がだいぶ気にならない程度になってきました。

1ヶ月後の状況

左耳のキーン、まだ微かに聞こえます。まだ完全には治っていない模様。そうこうしているうちに、鼻水がまた増えてきている・・・(+_+)

かふぇもか
耳鳴りは治りにくいとも聞くので、こちらもまた長いお付き合いになりそうです。ちなみに、通院回数が多いのは、私の場合、副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎で鼻水が多いので吸引してもらうついでに、耳管治療も受けている、というかんじです。

ちなみに、高安動脈炎が発症したときの耳鳴りは「ザッザッザ」

5年前に、高安動脈炎(大動脈炎症候群)が発症したと思われる時期に6ヶ月ほど耳鳴りが続いた経験があります。高安のステロイド治療(60mg/日スタート→現在4mg/日)が始まってからはその耳鳴りはピタッとおさまりました。そのときの耳鳴りの音は、「ザッザッザ」という雑音のような、あるいは拍動音のようなもので、最終的に左右頸動脈が閉塞してしまいました。

今回の耳鳴りは高音の「キーン」

一方、今回の耳鳴りは「キーン」という金属音のような高音の耳鳴りなので、前回とは原因は別物のように思いますが、耳鳴りはトラウマになっているので、血管炎の再発あるいはANCA関連血管炎など他の病気が隠れていないか少しばかり心配です。