【闘病記録】左肩の痛みで救急外来(ER)へ(40代・狭心症あり)。

こんにちは。アラフォー女子のかふぇもかです。

先日、左肩の痛み(痛みで寝られないほどの圧痛)で、日曜日の朝に救急外来(ER)に行ってきました。

40代で難病(高安動脈炎)&狭心症の持病があるので、一般には救急外来で「2~3時間待ち」といった状況でも、かかりつけの病院のERでは優先的に診てもらえます。

この日も、ERの受付を済ませ、血圧を測っている途中で、すぐに看護師さんから声がかかり、簡単な問診を受けたのち、診察室に呼ばれました。

左肩の痛みが主訴で受けた検査は下記の通りです。

心電図検査

心電モニターを装着。10分おきに自動で血圧測定。

視診・触診・聴診・打診

  • どこが痛むか?(左肩~上腕、手のひら)
  • 痛みの強さは?(10段階中5~6)
  • 痛みの持続時間は?(夜18時、22時、明け方4時)
  • 痛みは痛くなったり、おさまったり波があるか?(ある。痛み始めると数時間痛い)
  • 湿布・痛み止め飲んでも効かない
  • ニトログリセリン飲んだら少しラクになった
  • 胸部痛・息苦しさはなし

左肩の痛みでこんな検査をした

  • 肩関節の動きのチェック
  • 手や顔の感覚のチェック(左右差があるか)
  • 顔の額にしわを寄せる動作ができるかどうかのチェック
  • 物が二重に見えるかどうかのチェック
  • 視野の異常のチェック
  • 両腕を前に伸ばして、どちらか下がってこないかどうか
  • 口の中のチェック
  • 足のむくみのチェック

など

血液検査

ここの救急外来の場合、基本的に一人の医師が診察だけでなく、血液採取、エコー検査まで担当されます。

左の手の甲から採取され、えー!なんで?と思ったら、血液検査に続いて、点滴された(>_<)

点滴(生理食塩液)

「万が一のときにすぐ治療ができるように」ということで点滴もされました。

心臓・腹部エコー検査

心臓エコー検査では、冷たいゼリーを塗られて、心臓のあたりとお腹のあたりに端末器を当てられ検査しました。

胸部レントゲン検査

診察室にポータブルレントゲンが登場。ストレッチャーの上で座ったままの状態で撮影しました。

胸部CT検査

胸部レントゲン画像に白い陰がうつっていたので、追加でCT検査も受けることに。

CT撮影時に、おなかにホッカイロを貼ったままだったので、フィルムにうつりこんでしまいました。ゴメンナサイ。

結果は、3年前のCT画像と比べて変化ないので(一度、肺梗塞やってます)、今回の痛みとは関係ないだろうとのこと。

結果は、原因不明

こうして3時間、徹底的に調べられた結果、脳梗塞や心筋梗塞、肺血栓などの重大な疾患の可能性は否定されました。

関節や筋肉の問題でもないとのこと。

左肩の痛みは「原因不明」ということで、この日は痛み止め(アセトアミノフェン600mg×4回/日×5日分)だけもらって終了。

今後、どのような症状が出たら受診すべきか?

早めに主治医(膠原病内科)の予約を入れてフォローしてもらっては?

と提案されましたが、これだけ検査してもらったので、自分の判断で様子をみることにしました。

最後に「今後、どのような症状が出たら受診すべきか?」と聞いたところ、

胸の痛み・息苦しさ
に加え、左の肩の痛みが続くとき

だそうです。

「ERは24時間やっているので、遠慮せず来てください」
「原因が判らずごめんなさいね」

と声をかけてくださる優しい先生でした。

診察・検査代

3割負担の場合で、約13000円

*かかりつけの病院ではありますが、難病医療費助成の適用はされませんでした。
*東京都の身体障害者手帳(内部障がい3級)を所持しているので、医療費助成を受けられて自己負担はゼロでした(個人の住民税非課税)。

その後の経過

結局、今回の肩の痛みは、5日ほどで痛みはひきました。

狭心症の持病があると、放散痛の可能性のある「左肩の痛み」には敏感で、不安になりがちです。息苦しい症状も心臓のせいなのか、ぜん息、逆流性食道炎のせいなのかなどいろいろ原因が考えられるので、持病がいろいろあるとまったくやっかいなもんです。

自宅にいまある医療機器は、血圧計と、パルスオキシメーター(ドリテックの血中酸素濃度計)などがあります。

息苦しいときは、ぜん息や肺炎の可能性がないかなど不安になるので、血中酸素濃度計をみて、正常値をみると安心できます。

はやく自宅に心電計ほしいなぁー(オムロンから心電計付き血圧計が発売されたら、即買いすると思います)。