幻の黒大豆「黒千石」をお取り寄せ!黒千石炊き込み玄米ごはんを作ってみた[レシピ][炊き方]

幻の黒大豆「黒千石」

大豆イソフラボンやポリフェノールがたっぷりの黒大豆。なかでも「黒千石」はその栽培の難しさから幻の黒大豆とも呼ばれる逸品だそうで。現在、北海道の乙部町(おとべ)や厚沢部町(あっさぶ)などで作付されているそうです。
産地の北海道には財団法人日本特産農産物協会(東京)が認定する「地域特産物マイスター」も存在するようですよ。

黒千石を楽天でお寄りせしてみた!


ちょっと量が多いですが、1kg前後で送料込みで1500円くらいです。

黒千石入りの玄米ごはんを炊いてみた

<作り方>


お米2合に対して、黒千石を大さじ3杯を目安に使います。


黒千石はあらかじめ1時間くらい水につけておきます(硬めに炊き上がります)。やわらかいのがお好みのひとは、7~8時間つけておく、もしくは水1カップと黒千石大さじ3杯を深めの器に入れてラップをかけて電子レンジで4~5分チンして使うとよいそうです。


玄米(無洗米)と黒千石を御釜に入れて、水2カップ+α(炊飯器の2合のメモリまで、水は黒千石をつけておいた水を利用)をいれ、通常どおり炊飯ジャーで炊く。


できあがりー!

私は、減塩生活をしているので、入れませんでしたが、販売店のレシピ一例にあるように、そのほかの材料として、お酒大さじ2杯、塩小さじ1・5杯、昆布(15cmくらい)などを入れて炊きこんでも美味しいようですよ。

私が食べている玄米は川島米穀店さんの発芽玄米なので、「無洗米」で炊き方も白米と同じなのでラクちんです。

黒千石はどこでお取り寄せできるか?

黒千石は 楽天市場のショップなどでお取り寄せできますよ。

結構、ハマる美味しさです。皆さんも、黒千石が手に入ったら、ぜひ炊き込みごはんにして食べてみてはいかが? 美味しいので食べ過ぎ注意です(^。^;)

51 件のコメント