【体験談】24時間ホルター心電図検査の費用・内容・結果(ツイまとめ・写真付)

こんにちは。カフェモカです。

2013年11月、35歳のときに膠原病で指定難病の一つ「高安動脈炎」と診断され、狭心症も合併してしまいました。定期的にエコー検査や造影CTなどを受けています。

2016年には初めて、24時間ホルター心電図&血圧検査を受けました。今回は、そのときの状況をツイッター上での書き込みとともに振り返ります。

「心臓カテーテル検査」体験記。2泊3日の検査入院の内容・料金・持ち物を公開。

24時間ホルター心電図&血圧検査を受けたときのようす(写真付)

まず、前日は入浴できません

病院にて心電図の電極と血圧計をボディに装着

  • 検査器具がちょっと重い
  • 22時まで30分に一度の間隔で血圧測定を行う
  • 就寝中は60分に一度の間隔で血圧測定を行う

  • 血圧測定を頻繁にやると、指先がしびれるほど痛い
  • 日中動き回っているときに自動測定されると何度も測り直しされているような状態
  • 電極を付けているテープの箇所がかゆくなる

  • 寝ている最中も血圧測定。寝返りもうちにくいし、熟睡できない

  • 疲れがたまったせいか、「良性発作性頭位めまい症」におそわれる

  • 検査の装置を外してもらうために翌日、再び病院へ


結果のフィードバックは、2016年12月の診察にて。

24時間ホルター心電図検査の結果

血圧も安定していて、さらなる異常所見(肺高血圧症など)は見当たらなかったので、現状服薬している狭心症薬(アーチスト錠とニコランジル錠)の量は維持となりました。とりあえず、ホッとしています。

24時間ホルター心電図検査の費用

最後に検査費用ですが、2割負担で3400円でした(3割負担の方で約5000円になりますね)。

ちなみに、心臓エコー検査費用は2割負担で1760円。

保険適用になるので、想像していたほど料金は高くはなかったです。

こちらの記事も読まれています↓

【狭心症闘病記】1年前と比べれば着実に「心臓がラクになっている!」を実感!