膠原病歴4年目。ピリピリ痛みやひどい肩凝りは疲れが原因?【闘病記】

膠原病(高安動脈炎)の持病があるので、疲れやすいうえに、気になる症状がときどき出ます。こちらのページに備忘録として残しておきます。

1.移動性のチクっ・ピリピリとした疼痛(5月)

1週間ほど、身体のあちこちに痛みが生じる。引越をした直後で、疲れがたまっていた。

おもに右ふくらはぎが重だるく、内側や外側がチクっとしたり、ピリピリとした痛みが走る。すじがつっぱったような感覚がするときも。

そのほか、右のひざあたりや、左ひじ、両足の甲や指、太ももあたりにも、似たようなチクッとした痛みが一瞬走った。痛部を指で押しても特に痛くない。

また、座ったときに、尾てい骨?あたりが当たって少し痛む。日によって痛みが走る部位が異なる。

リウマチ・膠原病内科の医師に相談したところ、移動性のチクっ・ピリピリとした疼痛であれば神経痛の可能性があり、疲労が原因かもしれないので、様子観察でよいと言われる。

2.胃痛、血圧不安定、肩こりの症状(3月)

  • 空腹時にしくしく胃痛が4日間ほど続く。
  • 血圧が不安定で普段は上115くらい(起床時)が、125~140くらいになる。
  • 脈拍も不安定で安静時でも90~100くらい。
  • 熱は平熱36.1。
  • 全身の脱力感、手足の末端の冷え
  • 肩・肩甲骨まわりが重だるく、腕が少し痛むときもある。
    7日間ほど安静に過ごし、ようやく家事をこなせるまでに回復した。

左手の人差し指の関節が痛い。さらに小指にも違和感、こわばり、痛みあり。

寝れない激痛!首の痛みと頭痛におそわれ病院へ。整形外科医から言われた意外な診断結果は「こり」だった!

闘病生活3年目(2016)のまとめ記事はこちら

【膠原病歴3年目まとめ】ステロイドは4mg/日まで減ったけど、慢性副鼻腔炎・咽頭炎おまけに喘息まで発症。マイナートラブルに悩まされる日々【闘病記】