【5歳・6歳】買ってよかった絵本・知育絵本ベスト5。 #育児 #子育て

卒業・入学シーズンの到来です。わが子も2017年春に小学校に入学しました。ついに1年生です!!ここまで長いようで短かったような。子どもの成長はホントはやいですね~。

毎晩いっしょにお風呂に入って、寝る前に絵本を読んで、添い寝する日もあと数年で終わるのかしら??? 「そろそろひとりで寝る練習しようか?」というと、本人は「絶対、イヤだ!」と断固拒否、朝私が先に起きていると、「一緒に起きたかったよぉー」とギャーギャー泣きわめく日ももうすぐおさまるのだろうな(^0^)

さて、今回は6歳男児がいるわが家で大活躍中の絵本ベスト5をご紹介します。お子さんはもちろん、お孫さん、姪っ子・甥っ子ちゃんへのプレゼントとしてもおすすめです。

あっ、絵本のプレゼントをお探しなら、「絵本ナビ」は要チェックです。年齢別おすすめ絵本がとても参考になります。会員になっておくと、ときどきメルマガで割引クーポンが届いて、私も以下で紹介するマップスの最新刊を1000円割引で購入できました♪

それでは絵本のベスト5、いってみましょう!

1.『マップス: 新・世界図絵』


5歳のときにサンタさんからもらったクリスマスプレゼントの世界地図『マップス』。6歳になった今でも大活躍中です。ポイントはリビングにいつも置いておくことですね。そのおかげで、世界の国名や国旗はたぶん100以上暗記していて、お風呂では国名クイズなど毎日のようにやろうやろうとせがまれます。子どもは大人よりも記憶力がいいので、国名に関してはすでに上をいかれています(汗)。

番外編:マップスの作者の最新刊

アンダーアース・アンダーウォーター: 地中・水中図絵 (児童書)⇒アマゾンで詳細をみる


こちらは『マップス』の関連本『マップスらくがきワークブック』


こどもの自由な発想で描く絵は、大人も感心させられます。


あと、このマップスシリーズのワークブックが終わったあとは、無印良品で白地図を買ってきて色分けしたり、国名を書き込んだり、親子で楽しんでいます。

2.おしりたんていシリーズ


これは何度読まされたことか。おしりたんていシリーズ。ホント男の子は、おしり、おなら、うんち、など下品なものへの食いつきがよくて、まったく。でも、夢中になって一人でまともに読むようになった絵本は、このおしりたんていシリーズが初めてなので、思い出に残る絵本に違いありません。

3.迷路シリーズ


6歳の息子のマイブームは「迷路」。かかりつけの耳鼻咽喉科においてある迷路シリーズの絵本を行くたびに夢中になってやっているので、家でも買い揃えることにしました。このシリーズは単なる迷路ではなく、人類の進化、時代の流れ、文化遺産など、ためになる要素がたっぷり詰まっているので、楽しみながらお勉強できるのがいいですね。

4.キャベたまたんていシリーズ


おしりたんていシリーズと同様、たんていモノの絵本、キャベたまたんていシリーズにもどっぷりはまりました。

5.はじめてであう すうがくの絵本(三冊セット)


小学校に入学してから算数に苦手意識をもってもらいたくなかったので、年長の冬休みに購入して、この知育絵本をつかって一緒にお勉強。さて、うちの息子は理系のセンスはあるかしら?

今回ベスト5をご紹介しましたが、ダントツ1位はやっぱりマップスです。
イラストがかわいいので、未就学児へのプレゼントとしてとってもオススメですよ!

58 件のコメント