膠原病の持病がある人が加入できる医療保険(例)

膠原病の患者会「全国膠原病友の会」主催の全国膠原病フォーラム(2014/10/19開催)に参加した際に、会場で以下の保険会社のビラが配付されていました。
(注)主催者の全国膠原病友の会が推奨する保険ではありません。

膠原病を持病に持つ人でも加入できる医療保険です。

私自身は、持病に膠原病がありますが、医療保険にはそもそも加入する必要はないと思う派なので、あまり興味はありませんが、ご参考までに情報をシェアします。

【医療保険の必要性】持病があって医療保険に入れなくてもガッカリする必要はない。

特徴としては、契約年齢が未成年、3歳から加入できるというのが他社と差別化ポイントのようですね。

<トライアングル保険.com>
トライアングル少額短期保険株式会社

◆商品名:「ほっと入院サポート 医療保険Ⅱ」

「ほっと入院サポート」の特徴

以下の3項目すべてが「いいえ」にあてはまれば、「障がいのある人」「持病・既往症がある人」「病気で通院・服薬中の人」も申込可能。

  1. 現在、入院中である。または、過去6ヶ月以内に病気やケガで入院したことがある。
  2. 過去6ヶ月以内に医師による検査または診察により、入院または手術をすすめられたことがある。
  3. 過去10年以内に、ガン・肝硬変の入院・手術治療をしたことがある。

●契約年齢
満3歳~満74歳(加入後89歳まで更新可)

●対象となる障がいや持病の一例
ダウン症、てんかん、自閉症、うつ病、統合失調症、身体の障がい、難病、膠原病、パーキンソン病、糖尿病、心疾患、腎不全など

難病患者だからこそ知っておきたい「お金」の増やし方

47 件のコメント