【30歳の目標】女性が30歳までにやっておくべき5つのこと。

アラサー女子の皆さん、こんにちは。かふぇもかです。

先日、古い日記を見返していたら、私が30歳のとき(約10年前)に立てた目標が書いてありました。

30歳のときの目標

見た目はunder30、なかみはover30

【日常】早寝早起
【料理】料理のレパートリーを増やす
【お酒】人に迷惑をかけない大人なお酒の飲み方を覚える
【美容】徹夜をしない。化粧をちゃんと落とす
【健康】体力をつける。いまより太らない
【恋愛】恋愛ニート卒業
【仕事】全力投球。天職をみつける
【教養】貯蓄、投資、節約。マネーセンスを磨く
【態度】誠心誠意。気くばりを忘れずに。
【遊び】遊ぶときは、とことん遊ぶ
【趣味】ゴルフデビュー

このときはまだ独身で東京都内に一人暮らしをしていて、好きな人はいたけれど、叶わない恋で、特定のパートナーもいなかったので、私は一生独身で過ごしていくのだろうなぁ・・・となんとなく思っていました。

そのため、仕事では年収600万円くらいは稼げるようなマネジメントができる立場になっていたかったけれど、現実はアシスタントレベルから脱却できずに悶々としていた日々。

仕事はうまく行かないし、出産年齢のこともあるので、ぼちぼち経済力のある男性と結婚する道を選ぶとするかー、と「婚活」をスタートさせることを決意!それが「恋愛ニート卒業」の目標を掲げた狙いです。

目標を立てた3ヶ月後にはお見合いをして、あれよあれよという間に、30歳でいまの夫と結婚したってワケ。

女性が30歳までにやっておいたほうがよいこと

結婚するのか結婚しない人生を選ぶのか

恋愛や人生に悩める20代女性におすすめの一冊『乙女の教室』(美輪明宏著)

子どもを産む人生を歩むのか産まない人生を歩むのか

膠原病になった私の妊娠・出産体験記

一般的に35歳以上での妊娠・出産は高齢出産となり、リスクが高まります。それでなくとも、いざ妊活に励もうとしたところ、不妊で悩む女性たちも少なくありません。私の周りにも不妊治療をしていた女性たちをたくさん知っています。妊活は早めに取り組めることに越したことはないでしょう。

働き方の選択(正社員、契約社員、パート、在宅勤務など)

20代で3度の転職。ベンチャー企業と大手企業を渡り歩いて、結婚・出産後フリーランスの道を選んだ私の仕事の変遷・仕事観。

クレジットカードを作っておくこと

クレジットカード(特にゴールドカード)は収入がないと作れないので、独身で定職についているうちに、会社を辞める前には自分名義のクレジットカードは作っておいたほうがいいと思います。

私は、楽天カードをメインカードで使っています。家族や子どもができると楽天市場をはじめネットショッピングはやはり便利です。まだ思っていない人は必携の一枚。



□■楽天カード■□
楽天カード市場でお得なクレジットカード

やりたいことの優先順位をつける

あとは、自分の人生、時間に限りあることを意識して、やりたいことの優先順位をはっきりさせて、メリハリのある生活を送っていければベターなんじゃないかと。

私も、そろそろ40歳も近いので、ぼちぼち次の10年計画を立てるとしますかねー。

53 件のコメント