狭心症の人におすすめの本

こんにちは。膠原病&狭心症5年目のかふぇもかです。

今回は、私が実際に読んだなかから狭心症関連のおすすめ本をご紹介したいと思います。

日本の不整脈研究および臨床の第一人者である三田村秀雄先生(立川病院 院長/慶應義塾大学医学部客員教授)監修の本です。

狭心症の人や家族が身につけておきたい基礎知識から最新治療(ロータブレーター、方向性アテレクトミー、エキシマレーザーなどの先進医療)、発作を防ぐ暮らし方など、イラスト図解入りでわかる内容となっています。

  • 狭心症とまぎらわしい病気の見分け方
  • 症状の現れ方
  • 心筋梗塞に移行しやすい危険度
  • 発作を鎮める薬の使い方
  • 心筋梗塞になる仕組み
  • 発作が起こったときの対処法

など知りたい方におすすめです。

そのほか、新しい本を読んだら随時このページに追加してご紹介します。

こちらも読まれています

狭心症患者が選ぶ!ニトログリセリン携帯ケース・防水ペンダント10選。

45 件のコメント