【浅草・両国】1泊2日子連れお花見観光。水上バスに乗って浅草&東京スカイツリーを満喫してきたよ!

2017年の春休みに家族で浅草旅行に行ってきました!

JR浜松町駅からスタート


10:30 今回のおでかけは【浜松町駅】北口からスタート。


10:40
徒歩でホテルの最寄り駅である竹芝駅方面に向かうと、伊豆・小笠原諸島への玄関口「竹芝客船ターミナル」がありました。なかに入って、さっそく息子がトイレ休憩。

11:00
そのお隣、インターコンチネンタル東京ベイ3階にあるビュッフェ形式のレストラン【シェフズ ライブ キッチン】でランチ(要事前予約)。

おじいちゃん、おばぁちゃん、食事制限のある私、食欲旺盛な夫、子ども、と食事の好みがバラバラなので、ビュッフェ形式のレストランは無難です。食前酒として、ノンアルコールドリンクを出してくれましたが、残念ながらグレープフルーツジュースが入っていたので、服薬の都合上、私は飲めず(T_T)

普段私は糖質&塩分&脂質を控えた味気ない食事ばかりを食べているので、たまにはリッチな気分を味わいながら美味しい食事を楽しみたい!ということでホテルのレストランをチョイスしましたが、選んで正解!正月以来の豪華な食事に、心もウキウキ♪やっぱり、たまには自分にご褒美も与えなくっちゃね~。

【日の出桟橋】から【水上バス】に乗って浅草へ

日の出桟橋 水上バス乗り場

インターコンチネンタルホテルから徒歩数分のところに、水上バスが発着している日の出桟橋があります。今回私たちは「隅田川ルート」で、終点の浅草を目指しました。浅草のほかにも、お台場方面や東京湾を一周するコースなどもありましたよ。

水上バスの旅スタート!

水上バスからの眺め

浅草までは船で約45分ほど。船に揺られながら、次々に東京の観光名所があらわれるので、大人も子供も楽しめます。息子は橋がいくつかかっているかカウントして「ビデオにとっておいてー!」と興味深々でした♪

船内では、長命寺の桜餅が販売されていたので、食いしん坊の私は乗船直後に購入。ビュッフェランチ直後にもかかわらず、スイーツはやはり別腹でした♪

浅草といえば【雷門】!


水上バスを降りて、まずは雷門に向かいました。隅田川沿いは、ちょうど桜の咲き始めで大勢の人たちでにぎわっていました。浅草寺の参道(仲見世通り)は人で溢れていたので、店舗にはどこにも立ち寄らず、本堂を目指す。

雷門の向かいには浅草文化観光センターも。

身を清める香炉。線香から出る煙を自分の体の悪いところに浴びせかけて、病気が良くなりますように!と祈願。

大わらじの下でも健脚祈願。

昔ながらの遊園地【花やしき】

浅草寺の本堂で拝んだあとは、昔ながらの遊園地「花やしき」へ。

天気はあいにくの小雨で肌寒かったので、私はムリをせず暖房機の近くに座っておじいちゃん、おばあちゃんと休憩組み。子どもは、パパにおまかせして小一時間遊んできてもらいました。

スカイツリータウンでショッピング

その後、シャトルバスでスカイツリータウンに向かい、天気が悪かったので展望デッキにはのぼらず、フードコートで腹ごしらえ(フードコートは炭水化物や脂っこい食べ物が多かったので、ランチがビュッフェだったこともあり私はお腹いっぱいでここでは食べず、ホテル近くのコンビニで低糖質の豆乳プリンを買って晩ごはんがわりに食べました)。

ショッピングを楽しんだのち、タクシーで両国にあるホテルへ。ホテルの上層階からキレイにライトアップされたスカイツリーが見られましたよ。

お宿は両国第一ホテル

2日目は江戸東京博物館からスタート

9:20 チェックアウト

9:30 ホテルから江戸東京博物館まで歩いて向かう

こんなかんじで、6歳児でも結構楽しめる博物館です。私は2日目で疲れ気味&この博物館には何度も来ているので、ショートカットしながら、2時間ほど見て回りました。

11:30

館内のイタリアンレストランで早めのランチ。

13:00 タクシーで「かっぱ橋道具街」へ。

一度は行ってみたかった「かっぱ橋道具街」でショッピング。お気に入りのお皿を問屋価格でお安く買えて満足♪ 子どもも、食品サンプルをみたり、楽しんでいたみたい。

移動は基本タクシーを利用して、こまめに休憩をして、体力の消耗を抑えながら、こうして1泊2日の浅草旅行を無事終えました!1年に1回は、こうして家族でまた旅行に行きたいな!

53 件のコメント