【Rhythmoon】コラムvol2「難病のある人でも力を発揮できる。在宅フリーランスのメリットとデメリット」

こんにちは。カフェモカこと、江口たまです。

先月(2017年3月)より、女性フリーランスのためのコミュニティ・メディア「Rhythmoon(リズムーン)」で、コラムを連載しています。vol2がアップされていますので、お知らせいたします。

連載タイトル

難病フリーランサーの「生きる知恵袋」
http://www.rhythmoon.com/column/regular/chiebukuro/

媒体名

女性フリーランスのためのコミュニティ・メディア
「Rhythmoon(リズムーン)」

リズムーンとは
2009年に誕生したフリーランスの女性を応援するコミュニティ・メディア。運営はカレイドスタイル(代表:小野梨奈さん)。フリーランスに関する情報やノウハウを女性目線で発信すると同時に、企業とフリーランスのマッチングサービスや、フリーランスという働き方に関心のある人、フリーランスとして活動している人を応援するサポートプログラムなども展開中。

そのほか、他媒体での露出

2017年2月、『困ってるひと (ポプラ文庫)』でおなじみ作家・大野更紗さん(上智大OG)と評論家・荻上チキさんが共同編集長の「見えない障がい」をテーマにした情報共有メールマガジン「困ってるズ!」(vol.84)に寄稿しました。

闘病生活1年目の記録をまとめた闘病記『高安動脈炎と生きる』(Kindle版)は同病者向けに執筆したものですが、3年目の今年は『リズムーン』などでの連載を通じて、もっと多くの人に高安動脈炎(膠原病)のことや、難病のこと、見えない障がいがあることなどを知ってもらいたい、ヘルプマークなども啓蒙できればなと思っています。

そのほか、2017年3月には有名ブロガー・イケダハヤト氏にも不動産関連の記事を提供しました。

連載コラムは月1回程度の更新になると思いますが、ぜひ読んでもらえるとうれしいです。
難病フリーランサーの「生きる知恵袋」
http://www.rhythmoon.com/column/regular/chiebukuro/

これからも自分の体調と相談しながらにはなりますが、無理のない範囲でさまざまなことに取り組んでいきたいと思います。

自著『高安動脈炎と生きる』を発行してから約2年。kindle本の売上で独自ドメインサイトを立ち上げました!

47 件のコメント