握力が弱い人におすすめ!錠剤取り出し器やペットボトル・ビンのふたをラクに開けるお助けグッズ13選

こんにちは。膠原病歴5年目のアラフォー難病女子かふぇもかです。

膠原病関節リウマチなどを患っている方のなかには「握力が弱くて力が入らない」「ペットボトルのフタを開けられない」などのお悩みがあり、苦労されている方も多いのではないでしょうか?

かくいう私も、膠原病で毎日10種類以上のお薬を服薬しているので、指の関節が痛くて薬の錠剤やカプセル剤を開けるたびに痛みが走ったりするときは、ホント泣きそうになります。また、握力が弱く、狭心症もあるので、ペットボトルのフタをあけるときにうまく力が入りづらくて、そのたびに家族に「開けて~」と手助けをお願いすることになります。

ちょっとしたことなんですけどね、お薬を飲むのは毎日のことなので、痛みや不便さからは少しでも解放されたらうれしいですよね。

そこで、今回はお薬を取り出すのに便利な道具や、ペットボトルのフタを簡単に開けられる便利な道具をご紹介します。

お薬を取り出すのに便利な道具

錠剤・カプセル剤を取り出す道具

おくすりパンチ

  • PTPシートから錠剤を抜く補助具
  • 大小2つの穴があるので、いろいろな錠剤に対応しやすい
  • お値段は、アマゾンで税込1120円(プライム会員なら送料無料、2017年10月時点)。
  • 楽天市場のショップでは972円くらいだけど、送料別なので割高。
  • 最安値はおそらくヤフオク。送料込で970円で売られています(2017年10月時点)

お薬取出器 トリダス

  • お薬のシートから錠剤やカプセル錠を取り出す器具。
  • 持ち運び可能なハンディサイズ。
  • 薬を取り出すときに指が痛い!という人におすすめ
  • お値段は、送料込で1500円前後。
  • アマゾンで税込1254円(プライム会員なら送料無料)で売られています(2017年10月時点)。楽天市場のショップでは1100円くらいで売ってますけど、送料別なので1600円以上とやや割高です。
  • 飲んでいる錠剤の大きさなどによって評判の良し悪しが分かれる商品のようなので、購入レビュー(口コミ)をよく読んで購入されることをオススメします。

錠剤を半分に割る道具

ピルカッター・錠剤カッター

はさみタイプの錠剤カッター

300円~1000円くらいで売っています。購入する前に、かかりつけ薬剤師さんなどに、薬をカットしてもOKかどうか確認しましょうね。

錠剤を砕く道具

クラッシャー

粉薬の袋を開ける道具

電動レターオープナー

電動のレターオープナーを使えば、粉薬の包を簡単に開けられますね。粉薬がこぼれないように差し込む方向には注意。

首をまっすぐにしたまま飲めるコップ

  • 鼻にあたる部分がカットされているコップ
  • 頭を傾けるのが困難な人に最適
  • 私も頭を傾けるとめまいがおきやすいので、これ買う!!

錠剤を飲み込みやすくする服薬ゼリー

龍角散の服薬ゼリーは薬が飲み込みにくい人にオススメのゼリー状オブラート

ペットボトルやビン・缶のフタをラクに開ける便利な道具

ペットボトルやビンをラクに開けるボトルオープナーは100円ショップなどでも売られていたりしますが、買いに行くのが大変という人は、送料のぶん割高になっちゃいますが、下記のようなペットボトルオープナーなどがネットでも購入できます。

らくらく実感オープナー

ネット購入となると8個入り1000円(送料込)などまとめ売りされているので、余ったら周囲の人に差し上げても喜ばれそうですね。

リッチェル使っていいね!キャップオープナー(540円)

サンクラフト ペットボトルオープナー

押し当てて使うタイプのオープナーだと、余計に力を入れなくてはならない場合もあるので、要注意。

サンクラフト プルタブオープナー(マグネット付)

サンクラフト びん蓋開け

こういった便利なグッズのなかから自分に合ったものを活用することで、日ごろの痛みや不便さから少しでも解放されればうれしいですね!

なお、人によって困りごとは異なりますし、必ずしも開けたい薬や蓋にサイズが合うかどうかわかりませんので、購入される際はお店の詳細ページやクチコミなどをよーく読んでからにしてくださいね!