超スッキリ!鼻洗浄(鼻うがい)のやり方と生理食塩水の作り方【副鼻腔炎対策】

こんにちは。かふぇもかです。

副鼻腔炎(蓄膿症)が慢性化して、総合病院の耳鼻咽喉科にかかることになりました。CT検査などをやり、手術も検討しましたが、私の場合、慢性疾患の高安動脈炎があるので、お薬の休薬や入院期間が通常の人よりも長くなること、全身麻酔をしなければならないなど、ちょっとハードルが高いので、現時点では見送ることにしました。

そこで、耳鼻科医からおすすめされたのが、「鼻洗浄(鼻うがい)」です。

鼻洗浄(鼻うがい)とは

鼻うがいの目的

鼻の炎症や腫れを緩和するのが狙いです。

鼻うがいに必要なもの

  1. 市販の鼻洗浄器
  2. 生理食塩水

1の鼻洗浄器は、私は耳鼻咽喉科でオススメされた「ハナクリーンS」(ハンディタイプ鼻洗浄器)を購入して使っています。ドラッグストアやネット通販で購入できます。病院内のコンビニでも売っていましたが、定価販売(4266円)だったので、私はアマゾンで2500円くらいで購入しました。

2の生理食塩水は、薬局で購入するか、自分でも作れますよ。

私は、とりあえず慣れるまではと思って、ハナクリーンS用の洗浄剤を購入して使っています。本体を買うときに合わせ買いするのがオススメ。

生理食塩水の作り方

  1. 1リットルの水道水に食塩を小さじ2(10g)をいれる。
  2. やかんに1を入れ、10分ほど沸騰させ、食塩が完全にとければ完成。
  3. ひと肌程度に冷めたらペットボトルなどに入れる。
    *長くは保管できないので、その日のうちに使い切る。

鼻うがいの流れ

  1. ひと肌程度(40℃前後)の生理食塩水または洗浄剤を入れる。
  2. 前かがみになって、洗浄器の先端を片方の鼻に軽く入れる。
  3. 少し口をあけて「えー」っと声を出しながら、洗浄器をプッシュして洗浄水を注入。
  4. もう一方の鼻も同じように洗浄する
ざっくりと流れを説明するとこんなかんじです。使用方法は、実際に使用する器具の説明書をよくよんでご利用くださいね!

実際に鼻うがいをやってみた感想

かふぇもか
いやー、約40年間生きてきて、はじめて鼻うがいをやってみましたが、超スッキリ!!
かふぇもか
鼻が開通して、鼻通りがよくなると、こんなにも空気がたくさん吸えるのかぁ!!と感動ものでした。
かふぇもか
お薬ではないから、鼻炎持ちの子どもにもぜひ使わせたーい!

鼻うがいをやるときの注意点

  • 鼻うがいをやるときは、洗浄水や鼻水がドボドボ落ちてくるので、洗面台や浴室でやることをおすすめします。
  • 鼻うがいを終えたあとも、鼻の中に洗浄水が少し残ってしまっていることもあって、台所で洗い物をしていたら、ふいに、鼻からツーっと水がたれてきたりしたこともありました。鼻うがいをやるタイミングにも気を付けたほうがいいですよ。
  • 鼻うがいをしたあと、つい鼻をかみすぎちゃいそうになりますけど、中耳炎にならないように、鼻のかみすぎには要注意です!!

というわけで、鼻炎や副鼻腔炎、鼻づまりなどでお悩みの方には、「鼻うがい」超おすすめです!!