メキシコ人の漁師とアメリカ人ビジネスマンの話・意味。あなたはどちらになりたい?

皆さんは、メキシコ人の漁師とアメリカ人ビジネスマンの話をご存知ですか?

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、
女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、
漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

これは、私が20代後半の頃、仕事でイライラしているときに、上司が「心温まる話」というメールタイトルで送ってきてくれたものです。

先入観をもたずに素直に読んでみてくださいね。皆さんは、漁師と旅行者どちらになりたいですか?

当時20代だった私は、「猟師」と答えました。猟師にとっては、いまの生活が幸せで、別にお金持ちにならなくても、いまの生活を続けていければそれで満足なわけで。お金持ちになることに価値を見出しませんでした。金持ちも究極行き着くところは、こういう質素な生活なんじゃないかと捉えました。

一方、私の友人(当時アラサー男子)はこんな風に言っていました。

猟師にとっての幸せは、金持ちの前も後も変わらない。でも、その猟師の周りには人が集まって、新しい仕事や生計を立てて…猟師の幸せは結局変わってないかもしれないけど、周りの人の幸せを創って禅譲する…ちょっと言い方変えると、自分の才能で社会に貢献できる、才能ある人をそんな人へと導けるようになれたら幸せじゃないかな、と。自分がなぜ、ここで、なんのために、この仕事を選んだのか、働く前の気持ちを思い出させてくれた。

旅行者が漁師の「それでどうなるの?」の問いに対し、最後に言った回答は、旅行者が最初に漁師に尋ねたときの漁師の回答と一致する。見方を変えれば、漁師は一生懸命に働いて、働いて、その結果として得られる旅行者から提案された”究極の過ごし方”を実は日々してしまっていることになる。結局、究極の暮らしが今の暮らしなら、漁師は時間を詰めて働く必要はない。お金が必要どうこうではなくて、今の生活をもっと大事に!と捉えることもできる。

はたまた、お金持ちになれば、

そんな暮らしをしてもいいし、しなくてもいい。
他にやりたいことがあれば、何でもできるだろう。
家族にも健康的な生活を与えられる。

と解釈する人もいます。

難病患者だからこそ知っておきたい「お金」の増やし方

アラフォーになったいま、そして、難病をかかえたいま、子どもがいるいま、もう一度読み返してみると、私は「アメリカ人旅行者」になりたい(なりたかった)と思います。医療費などのことを気にせず、治療に専念できる環境を手に入れるのが理想的です。現在はパートナー(夫)がいるので、夫が健康第一で仕事をがんばってもらいたいなぁー(^_^;)

読者の皆さんはどのように感じられましたか?