【東京五輪】難病や障がいのある人が参加できるボランティアの募集概要【随時更新】 #東京オリンピック

東京都民なので、絶対観に行きたい!応援したい!2020年の東京オリンピック・パラリンピック。

可能であるならば、ボランティアとして参加したいけれど、難病・障がいのある人でも参加できるボランティアはあるのかしら?と思って調べてみました。

まずは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの開催スケジュールを確認しておきましょう。

東京オリンピックの日程

日程:2020年7月24日(金)~8月9日(日)の17日間

メイン会場は、新国立競技場「オリンピックスタジアム」(東京・新宿)です。
33競技、約35の競技場で繰り広げられます。

その後、2020年8月25日(火)~9月6日(日)の日程でパラリンピック(22競技)が開催されます。

チケットはおいくら?

2020年のオリンピック東京大会では、チケットは「誰もが見ることのできる手ごろな価格」に設定されるとのこと。

チケット全体の平均価格は7,700円、全体の6割ほどは4,400円以下に設定される見込みだとか。もちろん開会式などは高額になること間違いなし。陸上や水泳などの人気競技の決勝では最高3万円ぐらいは必要そうです。

全国のコンビニ(ローソンチケットなどが有力)やインターネット(「ぴあ」が有力)で販売される見込みのようですので、なんとかお目当てのチケットをゲットしたいものです!

チケットの販売時期は、大会開催の1年前~6ヶ月前になると見込まれています。こまめに情報をチェックしておきましょう!

エンタメチケットの予約・購入は「チケットぴあ」で

ボランティアの種類

では、ボランティアとして参加する方法はどうでしょう?大きく分けて2種類のボランティアが想定されています。

  • 「大会ボランティア」

競技会場や選手村などで、競技運営や会場案内、大会関係者の輸送や警備などを行うボランティア。「大会ボランティア」は、運営主体である(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が募集や運用を行います。

  • 「都市ボランティア」

主要空港やターミナル駅、観光スポットなどで海外から来る外国人観光客や日本の観光客に対し、観光案内や交通案内を行うボランティア。開催都市である東京都が募集や運用を行います。

募集開始時期

2018年夏頃

ボランティアに求める資質や条件

  • コミュニケーション能力がある
  • 日本語に加え、外国語が話せる
  • 1日8時間、10日間以上できる(都市ボランティアでは1日5時間、5日間以上できる)
  • 採用面接や3段階の研修を受けられる
  • 20年4月1日時点で18歳以上
  • 競技の知識があるか、観戦経験がある
  • ボランティア経験がある
  • 東京 2020 大会の成功に向けて、情熱を持って最後まで役割を全うできる方
  • お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方

以上の7点を備えた人材が、ボランティアに望まれる要件(素案)として挙がっていました(朝日新聞2016年7月22日)が、こんな条件挙げられたら、私は今の時点で体力がないので、かなり絶望的です(T_T)

障がい者のボランティア参加については、「東京 2020 大会に向けたボランティア戦略」にて「障がいの有無に関わらず、安心していきいきとボランティア活動に参加できるよう、募集、研修、配置等、それぞれのプロセスにおける環境整備に取り組んでいく。また、配置・活動に当たっての配慮や支援を要する内容を申込時に把握するための方法等について検討していく。」という戦略が策定されています。

また、子育て世代のボランティア参加などについても、「託児所の利用等、子育て世代もボランティア活動に参加できるような取組を関係機関と連携し検討していく」ということですので、詳細を待ちたいところです。(随時更新予定)