骨粗鬆症を予防するために私が実践している食事療法

“いつのまにか骨折”をできるだけ先延ばししたい

女優の桃井かおりさんが出ている「いつのまにか骨折」というテレビCMをみたことはありますか?

製薬企業イーライリリーが運営する「いつのまにか骨折」というサイトは、骨粗しょう症の治療ができる「病院検索」ができる便利なサイトで、一般的な骨粗しょう症の説明や治療法がわかりやすく説明されています。

骨粗しょう症による骨折 チェックシートはこちら【PDF】
http://www.itamiru.jp/itsunomanika/pdf/checksheet.pdf

私の場合、大量のステロイド(60mg/日スタート)を長期服用していて、副作用で将来的には骨がスカスカになると膠原病内科の主治医から言われているので、「そのときがいつくるのか」「いつか骨折するのではないか」と頭の片隅でいつも気になっています。

すでに骨粗しょう症対策として、ビスフォスフォネートとビタミンDは服用しているのでその効果に期待しつつ、カルシウムの多い食品を意識してとったり、段差などで転倒しないように気をつけたり、無理のない範囲でストレッチをしたりしています。

骨をつくるのに重要なビタミンKも多くとりたいところではありますが、ワーファリンを服用しているので、ビタミンKはあまりとってはいけないなど、なかなか難しいところもあります。

骨粗しょう症予防を心がけた食生活

子どもの頃から、おでんなどに入った昆布や昆布巻きなどはどうも苦手で、食べるのを避けてきたワタクシですが……。ステロイドの副作用である骨粗しょう症を予防するために、積極的にカルシウムは摂ったほうがいいですよね。というわけで、最近はカルシウム鉄分食物繊維が豊富な食材の一つ、昆布をできるだけ食べるようにしています。太い昆布が苦手な私も「とろろ昆布」だと食べやすいので、すまし汁に入れたり、おにぎりに巻いたりしていただいています。

みなさんは、骨粗しょう症対策として、意識して食べている食材はありますか?

転倒・骨折予防のお助けアイテム

杖に取り付けるアイスピックとかもあるとか。

ステロイド長期服用者としては、「いつのまにか骨折」をできるだけ先延ばしにできるように、息の長い治療・コントロールを心がけたいものですね。

【参考文献】

  • 武藤 芳照 著『転倒予防――転ばぬ先の杖と知恵』 (岩波新書)
  • 井上聡 著『骨粗鬆症―骨のアンチエイジング (40歳からの女性の医学)』
  • 日本転倒予防学会のサイト