SBI証券で「つみたてNISA」積立投資はじめます(2018年1月開始予定) #専業主婦 #資産運用

2018年1月から「つみたてNISA(積立NISA)」がスタートしますね。

わが家はちょうどその頃、車のローン(月3万円)の支払いが終わるので、これからは「つみたてNISA」で貯蓄に励みたいと思って注目しているところです。

つみたてNISAの概要

  • 2018年1月から運用開始(口座開設は2017年10月からスタート)
  • 年間投資額の上限は40万円
  • 非課税期間は最大20年(投資可能期間は2037年まで)
  • 長期積み立て非課税枠最大800万円
  • 現行NISAとの併用はできない

つみたてNISAのメリット

確定拠出年金と違って、いつでも売却できる

つみたてNISAのデメリット

確定拠出年金のように掛金の全額所得控除などがない

私がつみたてNISAを利用する理由

積立投資は私のような主婦でも気楽にできる投資スタイルです。

積立投資に興味のある方は、まずこのあたりの本を読んで勉強してみましょう。

老後の不安を解消するために知っておきたい「お金」の増やし方・おすすめマネー本11冊

私は、子どもが生まれてから学資保険のかわりに積立投資を始めました。手数料の安いインデックスファンドへの投資歴は、約7年くらいになります。運用成績は、ほったらかし運用・複利効果で何百万円単位でプラス運用できており、アラフォー難病主婦の私にはピッタリの投資法だと思っています。

いつでも自由に売却・引き出せるから

つみたてNISAはいつでも自由に売却・引き出しが可能です。確定拠出年金のように「60歳まで引き出せない」というのは、この先、老い先長くはないであろうアラフォー難病女子の私にとっては大きなデメリットでしかありません。

つみたてNISAには、確定拠出年金のような掛金の全額所得控除などはないという制約はあるけれど、資金の流動性を第一優先に考えれば、専業主婦の私の場合、積立NISAで運用するのが賢明な選択だと思っています。

具体的にいくら投資するか?

つみたてNISAは「年間40万円」までの投資が可能です。

月額換算で約33000円×最大20年間=792万円の元本を投入したとして、将来いくら貯まるでしょうか。大和証券の簡単シミュレーターを使って、シミュレーションしてみましょう。

想定利回り3%(年率)の運用の場合で、運用収益は約289万円になる試算です。

想定利回り5%(年率)だとしたら、運用収益は約553万円

通常の口座だと、税金20%がもっていかれてしまうので、これが非課税になるとあれば、だいぶお得感を感じられます。

というわけで、これは使わない手はないということで、私はつみたてNISAを利用して2018年1月から積み立てていく予定です。

つみたてNISAの具体的な対象ファンドは?

つみたてNISAの非課税対象は、長期の積み立てに適した「投資信託」のみとなります。

私が総合口座を開設しているSBI証券では、さまざまなファンドが扱われる予定ですが、そのなかで私が買おうと思っているのは、これまでも通常の口座で積み立てていた次の3つです。

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.216%以内)
  • eMAXIS 新興国株式インデックス(0.648%以内)
  • 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(0.1728%)

2017年10月から口座開設申し込み(資料請求)が開始されたので、さっそく郵送申込みました(マイナンバーカードのコピー添付)。積立設定したら、また追記しまーす。