チャレンジは何歳からでも遅くない!68歳の母が大学生に!そして「通信制大学」無事卒業。

こんにちは。カフェモカです。

卒業・入学シーズンの到来ですね。わが家族の話になりますが、実母が先春、大学を卒業しました!母に以前電話したら、「いま卒論や卒業製作で忙しい!」とか言っていたので、あぁ、ホントに大学生やってるんだなぁー、と微笑ましく思いました。60代になっても大学に入学して勉強しようと思う心意気は、あっぱれ!の一言です。

シニア世代にも人気の通信制大学とは?

働きながら大卒資格や教員免許を取得する方法として「通信制大学」があるのをご存知ですか?

通信制大学の特徴

  • 通信制大学は正規の大学教育課程なので、卒業すれば学位の取得が可能
  • 一つの分野を専門的に、じっくり学ぶこともできる。
  • 入学は春と秋の年2回、書類審査のみの場合がほとんど。
  • 単位認定もレポートが中心で、在籍期間は通学制よりも長めにとることができる。
  • 長期休暇や週末・夜間を利用してのスクーリング制度もあるので、仕事や家庭と両立しながら、大卒資格や教員免許、その他の資格取得が可能。

取得できる資格

大学卒業資格、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、社会教育主事、認定心理士、臨床心理士、司書、小学校教諭免許、中学・高等学校教諭免許、博物館学芸員、幼稚園教諭免許、特別支援学校教諭免許など

興味がある人は、まずは複数の大学に資料請求をして自分にぴったりの通信制大学を見つけてみてはいかがですか?

好奇心を持ち続けることが若さの秘訣!? 70代の義父は英語の勉強中。

80近い義父は2020年の東京オリンピック・パラリンピックにむけて、英語が話せるようになりたいと石川遼くんでおなじみの教材・スピードラーニングで英語を勉強しています。


私はなぜ80歳でエベレストを目指すのか(小学館101新書)

プロスキーヤー・冒険家の三浦雄一郎さん

さまざまなメディアで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思います。
三浦さんは、60代半ばで糖尿病と狭心症になり、余命3年と宣告されながらも、夢を諦めずに80歳でエベレスト登頂の偉業を達成されています。これまで心臓手術をなんと7回も受けているのだとか(2014年8月31日放送、「ワンダフルライフ」人生を映し出す言葉スペシャルによる)。

このようにシニア世代の皆さんの活躍ぶりを見ていると、勉強やチャレンジをはじめるのに遅すぎることはありませんね!やりたいと思ったときが始めどき、と思います。

そして、なにより常に好奇心を持ち続けることが若さの秘訣かもしれませんね!

私の今後の目標

私も、両親たちに負けないようにこの春からチャレンジしてみようと思います(*^_^*)

英語を上達させる!

かつて学生時代にはTOEIC900点ぐらいとったこともありますが、やっぱり使っていないとダメですねぇ。海外のコミュニティサイトなども閲覧するので精一杯。リーディングはともかく、ライティングとスピーキングができなくて海外の人たちとテンポよく交流できないのが目下の悩み。とりあえず、石川涼くんでおなじみのスピードラーニングで耳を慣らし中です。

ギターを弾きたい!

私は結婚して子どもができるまでは、アコースティックギターをやっていて、友人たちとバンドを組んで、時々ライブなどをやっていました。子育てが落ち着いたら、またギターを一から勉強して、また弾きたいなぁ~、なんて思っています。
ギター教室よりも上達が速い!自宅で楽々ギターレッスン

食生活アドバイザー(R)(2級・3級)通信講座受けてみたい

皆さんは、何か趣味などで取り組んでいることはありますか?