高血圧の人は家庭での血圧コントロールが大切!血圧測定方法・降圧目標値とは?

読者の皆さんは、おウチで血圧をはかっていますか?

私は主治医から家庭での血圧測定をすすめられていますが、ついついサボり気味……(^_^;)

高血圧予防のためにも、こまめにはかることは大切ですよね。
改めて血圧の測り方のポイントをまとめてみます。

血圧の測り方のポイント

  • 起床後1時間以内に測る
  • 排尿後、朝食の前に、薬を飲む前に測る
  • 椅子に座って1~2分間安静にしてから測る
  • 2回測って平均値を記録する
  • 夜は就寝前に測る
  • 上腕タイプの血圧計が望ましい

降圧目標値(家庭血圧)は?

  • 一般的には
    135/85mmHg未満
  • 糖尿病患者
    125/75mmHg未満
  • 冠動脈疾患患者
    135/85mmHg未満
【参考文献】
日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン(2014年4月改訂)

*いわずもがな、降圧目標値の目安は主治医の指示に従ってくださいね。

血圧計は、「上腕式血圧計」がおすすめ!

血圧計の種類には、「上腕式血圧計」と「手首血圧計」とがありますが、できるだけ正確に測るためには、「上腕式血圧計」がおすすめです。

別名・「脈なし病」とも言われる高安動脈炎(大動脈炎症候群)のある著者の場合、手首タイプでは血圧が測定できない場合もあります。
(旅行用などに手首タイプも買ってみましたが、ほとんど使わずじまいで、失敗)

皆さん、今日も血圧が安定して過ごせますように!

最後までお読みいただきましてありがとうございます!
参考になりましたら、ぜひSNSでシェアしてもらえるとうれしいです。